メールでのご相談・スタート体験のお申込みはこちら
家庭教師の先生の登録はこちら
 オンラインでの指導はこちら  マナベストの塾はこちら

ホーム > 対応エリア > 岐阜県 > スタッフブログ > 【理科】単位を見れば、中身がわかる!?

家庭教師のマナベスト 岐阜県 スタッフブログ

【理科】
単位を見れば、中身がわかる!?

2022/05/14


突然ですが、3つ問題を出します。


【第1問】

「密度」とは何のことかわかりますか?

(ぜひ頭の中で思い浮かべてみてください。)

正解は……

「重さあたりの大きさ」のことです。




【第2問】

「密度の求め方」はわかりますか?

正解は……

「(重さ)÷(大きさ)」です。

絶対に覚えておきたいところですね!




【第3問】

「密度」の単位は何かわかりますか?

正解は……

「g/c㎥」や「kg/㎥」などです。(いろいろあります)





さて、今回はこの“単位”についてのお話です。



あまり知られていないことですが、単位の「/」は、「パー(per)」と呼ばれます。

上記の密度の単位なら、

「グラムパー立法センチメートル」や「キログラムパー立法メートル」

といいます。


では、「/」と表される「パー(per)」とは何のことかというと、


英単語「per:~あたり、~につき」のことなんです。




ところで、第1問でお聞きした


「密度」とは何のことか


を覚えていますか?




そうです。「密度」は

「重さあたりの大きさ」

のことでしたね。



お気づきになりましたか?

「/(per)」は「~あたり」のことと先ほど言いましたが、


まさにこの単位「g(重さ)/c㎥(大きさ)」が、「密度」という言葉の意味を

表しているんです!!






さて、勘のいい方はさらにもう一つ気づかれたかもしれませんが、


第2問でお聞きした、「密度の求め方」

「(密度)=(重さ)÷(大きさ)」

も、実は単位を見るとわかるんですね。



密度の単位「g(重さ)/㎥(大きさ)」

の「/」は「per(~あたり)」と先ほどお伝えしましたが、

実はこの「/」は、分数の二つの数字の間にある横棒を表してもいるんですね。

(この場合の「/」は「オーバー(over)」と呼びます。)

傾き方に着目すると覚えやすいですが、

「/」の左側が分子、右側が分母です。




さて!分数とは、分子を分母で割った数を表したものでしたよね!


密度の単位「g(重さ)/㎥(大きさ)」に当てはめて考えると、


重さ÷大きさ  となります。


これは、まさに密度の求め方

「(密度)=(重さ)÷(大きさ)」

と同じですよね!


つまり、単位は、その求め方を表してもいたんです!






このように、単位はそのものの内容を表します。

このことは密度以外のいろんな「度」で言えます。(速度や、湿度でも)


もし公式に自信がなくても、単位さえ覚えていれば

答えを導き出せることがよくあります。


「/」が「per(~あたり)」であり、分数の横棒であることを覚えておけば、

用語の理解が速くなる場合もあります。





今回の記事の内容を普段の勉強に活かして、どんどん理科を得意にしていってくださいね!