メールでのご相談・スタート体験のお申込みはこちら
家庭教師の先生の登録はこちら
 オンラインでの指導はこちら  マナベストの塾はこちら

ホーム > 対応エリア > 静岡県 > スタッフブログ > 【中学】英語は品詞に注目しよう

家庭教師のマナベスト 静岡県 スタッフブログ

【中学】
英語は品詞に注目しよう

2022/10/18


英文法を理解する上で、“品詞”に注目することは避けて通れません。




例えば{play,eat,sleep}などは、すべて全く別の動作を表す言葉ですが、

これらをひとまとめに「動詞」として捉えることで、

「普通の文では、主語の後には“動詞”」と、既に知ってる文法知識に落とし込むことができます。




これは英語を学習する上ではとても基本的なことであり、

また、この世に無限にある英文を「英文法」という一つのルールで読み解いていく上での

本質的なアプローチとも言えます。




「まだ英語を習いたてで、とても苦手だ」という生徒さんには、

この“品詞”の感覚が薄いため、英文法の理解が一向に進まない方が

多いように思います。




このような生徒さんには、まず普段から使ってる“日本語”で、

品詞を考えてみましょう。




例えば、{花瓶、サッカー、A太郎}などは、モノや事の名前を表す“名詞”ですよね。

また、{活ける、する、遊ぶ}などは、動作を表す“動詞”。

{美しい、寒い、強い}などは、名詞などについて性質を付与する“形容詞”。

{絶対に、いつも、すばやく}などは、後ろに用言(動詞や形容詞)をつけて

より詳しく説明する“副詞”です。




これらの区別がつきましたか?


まずは日本語で名詞、動詞、形容詞、副詞の区別がつくようになりましょう!

そうすれば、英語でも品詞を判断できるようになるはずです。




品詞を理解できるようにさえなれば、これまで「英語が全く分からない」と思ってた方は、

すぐにレベルアップできるようになると思いますよ!