メールでのご相談・スタート体験のお申込みはこちら
家庭教師の先生の登録はこちら
 オンラインでの指導はこちら  マナベストの塾はこちら

ホーム > 対応エリア > 奈良県 > スタッフブログ > 【生物】抗体反応

家庭教師のマナベスト 奈良県 スタッフブログ

【生物】
抗体反応

2021/10/19

この夏も、とても暑かったですね。

夏に悩まされるひとつとして虫刺されがあります。

今回のブログは、虫に刺されると何故かゆくなるのか、

赤く腫れるのかを説明したいと思います。


このお話は、高校の生物の

抗原抗体反応のことなのです。

蚊には、口の部分にだ液があります。

蚊は、このだ液を人体の皮膚に入れるのです。

このだ液に対して、人体は異物と感知し、排除しようとして

抗原抗体反応が起きるのです。

つまり、軽いアレルギー反応なのです。


赤くはれたりかゆくなるのは、蚊のだ液が人体に入ることにより

私たちの血液の中にある肥満細胞が、

ヒスタミンという物質を出すため、このヒスタミンから

体内の水分やタンパク質がもれてきて、赤くはれて、かゆくなるのです。


ちなみに、かゆいことと痛いことは、まったく同じなのです。


つまり、痛みがすごく弱いのが、かゆみです。

痛みが少し強くなると、本当に痛く感じるのです。


やはり、勉強はすべての基礎になっていますね(^^)