家庭教師のマナベスト 福井

お電話でのお問い合わせ0120-674-555
お電話でのお問い合わせ0120-674-555
メールでのご相談・スタート体験のお申込みはこちら
家庭教師の先生の登録はこちら

ホーム > 対応エリア > 福井県 > スタッフブログ

家庭教師のマナベスト スタッフブログ

家庭教師のマナベスト
   スタッフブログ

【全学年】本当にお子さんは
「わかった」状態?

2019/02/07

なかなか成績が振るわない生徒さんの中でも困り度が高いのが、「わかった」と言うのにできないお子さんです。

なぜ、「わかった」と言っているのにできないという状況が生まれるのでしょうか。

ひとつは、「わからない」と言うのが恥ずかしくて「わかった」フリをしてしまうケース。

もうひとつは、お子さんが「わかった」と思っているレベルと実際のレベルにずれがあるためです。

あるお子さんは、教科書の文字が読めたら「わかった」ということになるのだと考えていました。

しかし実際には、教科書の文字が意味するところを読み取り、その概念を自分の中で噛み砕いて初めて「わかった」ということになるのです。

この問題は、小学校低学年のころからよくみられます。

保護者の方は、本当にわかっているのか確認してあげることが大切になってきます。


なぜなら、「わかった」と思っている実際にはわかっていない部分が、つまずきとして後々現れてくるからです。

そうすると、絡まった糸をほどくようにその元をたどらなければなりません。

そうなる前に、一つひとつの段階でわかるように仕向けてあげることが重要なのです。

これから少し、お子さんの「わかった」に注意を払ってみてください。何かが変わるかもしれません。