家庭教師のマナベスト 福島

お電話でのお問い合わせ0120-674-555
お電話でのお問い合わせ0120-674-555
メールでのご相談・スタート体験のお申込みはこちら
家庭教師の先生の登録はこちら

ホーム > 対応エリア > 福島県 > スタッフブログ

家庭教師のマナベスト スタッフブログ

家庭教師のマナベスト
   スタッフブログ

親の接し方が原因も
SNSやゲーム依存

2020/06/13

「ゲームばっかりして勉強しない!」

困っている保護者様からよく聞くお言葉です。。


怒られて渋々勉強するならかわいいものですが、

重症化すると「依存症」として日常生活に支障をきたすような病気になりかねません。


最近のゲームは本当によく出来ていて中毒性が高く、大人でも途中で切り上げるのが惜しくなります。


ゲームとうまく付き合えているお子さんはいいですが、一度ハマってしまうと抜け出せないのがゲーム依存です。


自分が主人公のゲームではバーチャルな世界で自分のキャラクターを動かすことが出来るため、対人関係が苦手な人が依存しやすい傾向にあるようです。


ゲーム依存は男性がなりやすいのに対し、SNS依存は女性がなりやすい傾向にあります。

グループから外れたくない、陰口を言われていないか、繋がりが切れるのが怖い等

女性は共感を大切にする生き物であるといわれ、ずっと画面を見ていないと不安になるようです。。

いいねやコメントの数を気にするなと言っても難しいですよね。




これらになってしまう原因として、外的要因・内的要因はいくつかあるようですが、「親の無関心」が一因にあります。


・両親の不仲や多忙により愛情が欠けてしまっている。

・子どもに全く干渉しない。

・反対に過干渉になっている。



満たされない欲求を別の方法で解消することを繰り返していくと、何かに依存しやすくなります。


「依存症」とまではまだいかなくとも近いことで困っているご家庭は、一度お子さんへの接し方に問題が無いか振り返ってみてください。(もちろん家族関係以外の要因もたくさんあります)