家庭教師のマナベスト 兵庫

お電話でのお問い合わせ0120-674-555
お電話でのお問い合わせ0120-674-555
メールでのご相談・スタート体験のお申込みはこちら
家庭教師の先生の登録はこちら

ホーム > 対応エリア > 兵庫県 > スタッフブログ

家庭教師のマナベスト スタッフブログ

家庭教師のマナベスト
   スタッフブログ

【高校生】大学受験は
どうなる?

2019/11/26

センター試験が2021年1月実施の入試から大学入学共通テストに移行します。

センター試験との大きな違いは、まず、国語と数学に記述式問題が導入され試験時間も長くなることです。

国語は100分のテストになります。

今まで通り200点のマーク式問題に、記述式の問題が加わります。

記述式の問題の採点は点数ではなく、五段階評価となる予定です。

数学では、数学Ⅰ・Aの試験時間が10分長くなり70分になります。

その中で、今まで通りのマーク式問題と記述式問題3問を解くことになる予定です。

記述式問題の点数配分は今のところまだ発表されていません。

そして、英語のテストは大きく変わる予定です。

センター試験では、発音問題から始まり文法問題や資料問題、長文読解という構成の200点満点の筆記試験に50点満点のリスニングを合わせて250点としていました。

共通テストでは、読むことを測る出題100点、聞くことを測る出題100点という形式の200点満点になりそうです。

これはセンター試験に比べてリスニングの比重がかなり重くなります。

リスニングの演習をしていないと、英語で実力を発揮するのが難しくなりそうです。

このように、センター試験から共通テストに変わることで、記述力とリスニング能力がより試されることになりそうです。