家庭教師のマナベスト 滋賀

お電話でのお問い合わせ0120-674-555
お電話でのお問い合わせ0120-674-555
メールでのご相談・スタート体験のお申込みはこちら
家庭教師の先生の登録はこちら

ホーム > 対応エリア > 滋賀県 > スタッフブログ

家庭教師のマナベスト スタッフブログ

家庭教師のマナベスト
   スタッフブログ

【小・中学生】音読で
つっかえてしまう時

2018/09/10

国語の授業の中で厄介なものといえば「音読」。

まわりの子たちがすらすらと読んでいく中、自分の番を今か今かと待ち続ける緊張感はとても不快ですよね。

今回は、音読でつっかえてしまう人、音読に苦手意識をもっている人に向けて、授業で音読するのが楽しみになるような方法を考えてみましょう。

音読をするときに大切なのは「文節」で区切るということです。

「りんご」という文字列を見たときに、頭の中で「りんご」と即座に変換されるか、それとも「り」「ん」「ご」のようにばらばらな情報として認識されるか。

これが、音読が得意な人と苦手な人の大きな違いです。

つまり、いくつかの文字をかたまりとして見ることができないと、音読が難しくなってしまうのです。

そのため、音読が苦手な人は最初、文節をスラッシュで区切ってから読みましょう。

たとえば、「りんごは/赤くて/甘い/果物です。」というような具合です。

これは、自転車でいえば補助輪のようなものです。

そうすると、「目で文字を追う」読み方から「意味上のかたまりをつかむ」読み方へと変化していきます。

慣れてきたらスラッシュを入れずに読んでみてください。きっとすらすら読めるようになっていますよ。