メールでのご相談・スタート体験のお申込みはこちら
家庭教師の先生の登録はこちら
 オンラインでの指導はこちら  マナベストの塾はこちら

ホーム > 対応エリア > 滋賀県 > スタッフブログ > 【中学生】高校の種類を確認しよう

家庭教師のマナベスト 滋賀県 スタッフブログ

【中学生】
高校の種類を確認しよう

2022/08/07

中学生のみなさん、高校受験の志望校はどうやって決めますか?

高校は義務教育から離れ、生徒さん自身も精神的に自立し出します。

ほとんどの生徒は通学範囲が広がり、世界が変わるような刺激的な期間です。


自分の望む高校生活を送ることができるよう、高校選びは後悔しないようにできたらいいですね。



<高校の種類>

・国立高校

国立大学の系列校で「付属」と呼ばれています。自由な校風ですが、学力レベルは非常に高く難関です。


・公立高校

多くの保護者の方は、公立に行ってほしい!という希望があるのではないでしょうか。私立高校無償化制度があるとはいえ、授業料以外のお金は私立高校よりかなり安い公立高校。
普通科以外に、専門分野を学べる学科もあります。


・私立高校

民間経営の私立高校は、学校によって特色があります。施設費や海外研修など公立と比べ授業料以外の費用がかなりかかりますが、カリキュラムが多様で、充実した教育を受けることができます。


・高専

高等専門学校の略で、ほとんどが工業系の専門的な分野を5年間かけ習得し、技術者を育成します。
成績優秀者は希望すれば他大学に編入や、専攻科へ進学ができます。
高専を卒業すると、短大卒と同じ扱いになり、専攻科に進むと事実上は大卒扱いになります。
全国ほとんどの高専は国立ですが、私立・公立の高専もわずかにあります。



<入試の違いは>

私立高校は英・国・数の3教科。

それ以外は基本的に5教科です。

面接や作文があったり、実技があったり、学校によって違いますので

気になる高校は一通り入試科目を調べておきましょう。




なんとなく高校くらいは行かないといけないから、

という理由で高校受験をする人もいいと思います。

その先、どんなことをしていたいのか、少しでも具体的に想像してみると

受験勉強や高校入学後の勉強も主体性を持って励むことができますよ。