メールでのご相談・スタート体験のお申込みはこちら
家庭教師の先生の登録はこちら
 オンラインでの指導はこちら  マナベストの塾はこちら

ホーム > 対応エリア > 長野県 > スタッフブログ > 【英語】日本語と英語の母音の違い

家庭教師のマナベスト 長野県 スタッフブログ

【英語】
日本語と英語の母音の違い

2022/12/04


日本語の母音は5種類です。

皆さんもご存じの通り、

a/i/u/e/o

ですね。




では英語の母音はどうでしょう?

「英語だろうと、『母音』は5種類じゃないの?」と思った方、

実はそうではありません。



その違いを確認するために、「発音記号」に着目してみましょう。




皆さんはこれまで単語帳などの「発音記号」に注目したことがありましたか?

アルファベットとは少し違った形の文字などを使って、単語の発音の仕方を示したものです。



例えば、日本人には聞き取りづらいことですが、

日本語の「ア」に近い母音でも、英語においては4種類あります!


[æ]、[a]、[ɑ]、[ʌ]


の四種類です。


ネイティブの英語話者は、単語ごとにこの四つの「ア」を使い分けています。


例えば、リンゴを意味する「apple」は、発音記号では[ˈæpl]です。

[æ]は、日本語の「ア」と「エ」の中間のような発音です。




英語では、「ア」だけではなく、

「イ」「ウ」「エ」「オ」にもそれぞれ数種類の母音があります。



これらの違いについては、ネットで調べてみたり、単語帳の発音記号を見比べてみたりすると

徐々に分かってくると思います。


この違いが分かることは、スピーキングやリスニングにとってとても武器になります。

興味のある方は調べてみてくださいね!