メールでのご相談・スタート体験のお申込みはこちら
家庭教師の先生の登録はこちら
 オンラインでの指導はこちら  マナベストの塾はこちら

ホーム > 対応エリア > 福井県 > スタッフブログ > 【中学3年生】三者面談への準備

家庭教師のマナベスト 福井県 スタッフブログ

【中学3年生】
三者面談への準備

2021/10/21

11月~12月には、学校で三者面談があります。

担任の先生、生徒、保護者の三者です。

この面談で最終的に受験校を決定していくことになります。


三者面談までには、お子さんと保護者の方で話し合いをして

意向を固めておくことが大切です。


先生からは、基本的には合格安全圏の高校を勧められます。

本人の実力と頑張りを知っている場合、

あともう一歩のひとつ上のランクに挑戦してみないか?

という話になることもあります。


「第一志望はA高校」「B高校は〇〇の理由で行きたくない」など

お子さんの意思を保護者の方も事前に知っておきましょう。


面談当日「えっ!そうだったの!?」とならないように(^^;




受験について疑問・質問したいことがあれば

事前にメモにまとめておきましょう。

先生は1日に何人も面談が入っているため、一人当たりの時間は

長く取ることが出来ません。

後になって「あれ聞くの忘れた!」とならないよう

先生に聞きたいことはメモしておくのがベターです。



三者面談は、生徒さん本人が受験までの残りの期間、やる気になったり、

場合によってはやる気が落ちる場でもあります。

"志望している学校の合格は厳しい"と言われることもあるからです。


保護者の方が生徒さんにかける言葉は、

前向きなメッセージにしてあげてください。